上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土鍋

柴田睦子さんの作品展を見せてもらいました。
シンプルで機能的なものがたくさんありました。
贈り物に、土鍋を買いました。



旧暦  2月27日 ニンジンの芽が出ました。そろそろ雨が欲しいです。
スポンサーサイト
おちば

ジャガイモを植えた上に、集めてきた落ち葉をおきました。
なぜか、落ち葉の仕事をした日は‘いい日’になります。
モヤモヤしたら、落ち葉です。



旧暦  2月26日 晴れ時々くもり。人参とレタスの芽がでました。
むらさきさん

中国野菜で正式名称は‘紅菜苔’。
種をいただいたので、去年の暮れに撒きました。
初めて挑戦した野菜です。

そのまま飾っておきたいくらい、紫色がきれいです。



旧暦  2月25日 風も無く穏やかな1日。雨の予報、ハズレ。
こしかけ

薪ストーブの前で、ちょっと座るのにいいです。
かざりっけがなくて、さりげない感じ。
なくてはならない小さな椅子。



旧暦  2月23日 お天気はハナマル。大忙しで頭がグルグル。
ねらし

炭焼き仕事の取材です。

明日の窯出しにむけて、1時間に2ヶ所、左右対称に穴を作ります。

窯場にてラジオを聞きながら気になるニュース。
日本の支援によって原子力発電所をベトナムに作る計画があるのだとか。
クリーンで安全なエネルギーではないから世界中で再検討されてるのに、
ここにきてそんな話をすすめる政治家さん、どうかしていますょ。

原子力に代わるエネルギーを考えなくちゃ。

炭を焼き上げる最後のエネルギー。
今日の作業は‘ねらし’です。



旧暦  2月22日 強風のため、育苗ハウスが倒れました。涙
はぎれ

はぎれを合わせるのが楽しくて、どんどん作れます。
ひもは何色にすればいいのか悩みます。
巾着袋です。



旧暦  2月19日 お天気なのにチクチク。ミシンがきました。
つくし

もう、春なんだなぁと感じます、つくしを見たら。
被災地の人たちにも暖かな春が届きますように。



旧暦  2月17日 雨のち曇り。お昼前までよく降りました。
  春分:自然に感謝し春を祝福する日
とらちゃん

たくさんいただいた手ぬぐいとガーゼとタオル。
こつこつと加工させていただきます。

ミシンの音が心地よさげなとらちゃんと。



旧暦  2月16日 満月 
  お昼から滝のような雨。そろそろじゃがいもいきます。
キムチ

初めて手づくりキムチに挑戦しました。
韓国唐辛子を買わずに自家製の唐辛子を粉にしてまぜました。
涙が出るくらい辛い上に、白菜の色そのまんま。

「無理して食べんと畑の肥やしにしよし。」と
テシ先輩、代わりに赤い手づくりキムチくれました。

来年は、ケチらずきちんと韓国唐辛子を買います。



旧暦  2月15日 にんじん、レタス、キャベツ、ナスの種まき。
-和歌山県地震被災地支援対策本部-
救援物資の情報などがあります。岩手県の被災者の方々に届けられるようです。
和歌山県情報館で詳しく知ることができます。

-被災者支援ネットワーク和歌山-
被災にあい住む所がなくなった方々を和歌山で受け入れようという動きがあります。
いろいろな条件があると思うので、いくつかの経路をたどっての連絡になりますが、
空き家がある、テントを張る場所は提供できる、住み込みでの仕事がある、など
情報があればよろしくお願いします。
会の方におつなぎできます。

-原子力発電推進行政の見直しを求める署名-
田辺市議会として、国に原子力行政の見直しを求めていこうというものです。
3月24日(木)までのようです。
旧田辺市内の方は、駅前のぴ~す、
龍神村周辺の方は、もんぺとくわ、亜瑠絵巣、Gワークスなどで署名できます。


日本中のたくさんの人たちが同じ方向に動き出している気がします。
小さな光に向かって、大きな力が集まっているような気がします。
少し、元気が出てきました。
ぬくもり

ラジオから耳が離せません。
胸がザワザワします。
被災者の人たちの声を聞くと涙が出ます。

原子力発電所のあれこれが早く落ち着きますように。
被災者の人たちが暖かい気持ちになれますように。
カミサマ、どうか力をください。



旧暦  2月12日 朝からずっと雪。冷たい風。
みつろう

昨日の地震・津波の被害で大変なことになっています。
ライフラインの復旧も目処がたたず。

原子力発電所への影響もとても心配です。
これで新しい発電所計画も見直されると思います。
そうでなければ!と強く思っています。

紀伊半島も大きな地震が起こると予測されているので、
本当に、ヒトゴトではなく胸が痛みます。

少しでも早く、心穏やかな時間がやってきますようお祈りしています。



旧暦  2月8日 少し寒さが和らぎました。蜜蝋いただきました。
おつくろい

窯出しするたびに、ズボンが破れています。
繕うためのはぎれが必要なので、私はチクチク小物を作るのです。
理にかなっています。



旧暦  2月7日 朝は雪が降りました。東北地方で大地震。
itonowa

itonowaさんのジャムをいただいたことがありました。
先月、出かけた時にジンジャーシロップを発見して嬉しくなりました。

しょうが湯、しょうが好きにはたまりません。
夏は爽やかにお手製ジンジャーエールもできるようです。



旧暦  2月5日 窯出し中の窯場は最高の暖炉です。寒むいです。
すのこ

日曜大工はしてみたいけど、直角とか並行とか苦手・・・
な人には、大いにおすすめですよ、すのこ。

1番長く陽の当たる場所を探して移動します。
これからビニールシートでおおったりして進化します。
私の育苗ハウスです。



旧暦  2月4日 風がないと暖かいのになぁといつものぼやき。
ウバメガシ

炭焼き仕事の取材です。

昨日のこみせんを使って、ほぼ真っ直ぐされたウバメガシ。
自分で山に入って木を切り出してくる炭焼きさんもいますが、
我が家の木は、三重県から運ばれてきます。

1窯で、およそ6tのウバメガシが必要です。
その量があまりピンときませんが、重いです。



旧暦  2月3日 お昼まで雨、だんだん明るくなってきました。
こみせん

炭焼き仕事の取材です。

窯にたくさんの木を入れるために、できるだけ木をまっすぐにします。
そのために、曲がりくねった木に切れ目を入れて‘こみせん’をかまします。
雑木を輪切りにして、6~8等分に割っていきます。
地味な作業です。



旧暦  2月2日 予報どおりの雨、ぬるまゆい気温。
  啓蟄(けいちつ):冬ごもりしていた生き物たちが地上に這い出す頃
うつわ

結ちゃんの作品を見せてもらいました。
素朴でさりげなくて落ち着いていて、強くて優しいそんな感じがします。
そんな人になりたいと、結ちゃんの器を見るたび思います。



旧暦 2月1日 新月
  今日から如月。私の鼻はわからないけど、花粉がたくさん舞いました。
ルーシーリー

この前の雨の日から、ルーシー・リーさん読んでます。
器を眺めようと思ってましたが、伝記もよいです。
本日、相方さんは海にイカを追いかけに行きました。
静かな夜は読書をします。



旧暦  1月30日 風が冷たい1日でした。ストーブのガラス割りました。。。
しいたけ

やっぱり一足遅いけど、しいたけのほだ木ができました。
ぷりっぷりの肉厚なしいたけを食べられるのは来年になります。
今年は、椎と樫が中心です。



旧暦  1月29日 ちょっと寒さが戻りまして、足の指がチンチンしました。
なごみ庵

農家れすとらん菜心味庵きた岡さんのランチ。
そうです、なごみさんのお仕事。
よそのお店の情報ばかり取材してくれるので、本日、私が宣伝いたします。
といっても、マップルの取材用のお膳をヨコドリのイイトコドリです。
このお膳、雑誌に載りますので、書店にて見てください。
いつかな?


旧暦  1月28日 晴れたり曇ったり風が吹いたり雨が降ったり。
いちのいち

ちっちがピエロになりました。
みぃちゃんが七変化な変顔をして笑わせてくれました。
めいっこちゃんさまさま、愉快ないちのいちでした。

本日のおしながき
  お好み焼き
  チーズとお餅のお好み焼き
  雑魚と紫蘇とゴマのかき揚げ
  鶏肉の照り焼き
  ごま豆腐
  コールスロー
  いちご



旧暦  1月27日 昨日から雨降りつづき、お昼過ぎまでよく降りました。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。